【株式投資】PBRとは?今さら聞けない株の超基本的ワードを初心者にもわかりやすく徹底解説!

投資大学学長のちょげちょげです。

今回の記事では、株式投資を始める上で絶対に知っておきたい用語「PBR」について、株式投資初心者の方でもわかりやすく徹底的に解説していきます。

※セットで覚えておきたい用語「PER」についてもこちらの記事にて解説しています。

「PBR」を知っておくと会社の資産から割安株かの見極めが可能!

投資家が株を購入する時にはたくさんの要素を見極める必要があります。

「いったいその会社はどれぐらいの資産を保有しているのか?」

という事もとても大事な要素の一つになります。

1株辺りの純資産=会社の資産/発行株数

PBR=株価/1株辺りの純資産

この計算式でPBRを知ることにより、株価が1株辺りの純資産の何倍になっているのかがわかりますね。

すなわち、PBRが1以下の会社(株価よりも1株辺りの純資産が高い会社)は、万が一会社の純資産を全て売却して解散をしたとしても株価以上のお金が株主の元に返ってくるとも見ることが出来ます。

※純資産はあくまで帳簿上のことであり、実際には売却不可能な資産もあるので必ず全て売却可能というわけではありません。あくまで目安としてみておきましょう。

ちなみに、日本の上場企業の平均PBRは1.0~1.5くらいとなっています。業種によっては大きく差があるのであくまで目安程度に考えておきましょう。

※ある程度成熟した企業は1を下回ることもあったり、ソフトウェア企業のような資産をあまり持たなくても株価が高水準な会社などの場合はPBRが非常に大きい数字になることもあります。

まとめ

今回紹介した「PBR」は、「PER」と同様に、株式投資の際の目安程度に覚えておいていただければと思います。

気を付けていただきたいのは

PBRが低い→割安株だ!よし購入!

などと簡単に考えないことです。

今後も投資大学のブログでは、投資熟練者だけではなく投資初心者の方にも投資に興味を持っていただけるような記事を配信していければと考えています。

もし、当ブログで扱ってほしい話題などがありましたらこちらのコンタクトフォームまでお寄せください。

投資大学学長 ちょげちょげ

【株式投資】PERとは?今更聞けない用語をEPSと一緒に初心者にもわかりやすく徹底解説!

投資大学学長のちょげちょげです。

今回の記事では、株式投資初心者の方に是非とも知っておいていただきたい株の基本

PER」について徹底的に解説していきます。

※あわせて知っておきたいもう一つの株式投資用語「PBR」についてはこちらの記事で解説しています。

PERを知る前にEPSについて知っておこう!

そもそも、世の中で上場している会社は、利益を産み出し株主へその利益を還元するために運営されているといえます。

これから株式投資を始めようと考えている投資家の方としては、投資をしようと考えている会社が、どれぐらいの利益を産みだす力があるのかを知っておきたいところですよね。

株、1株あたりどれぐらいの純利益があるのかを表す数値をEPSと呼びます。

EPS(1株あたり純利益)=会社の純利益/発行済み株数

この、EPSを知っておくと、その会社の稼ぐ力がわかりますね!

PERとは?

会社が稼ぐ力がわかったら、次に気にしたいのが、その会社の株価です。

株価をEPSで割ることで、その会社の株価を稼ぐために何年必要なのかという見方をすることが出来ます。

PER=株価/EPS(1株あたり純利益)

この数値が高ければ高いほど、今現在のその会社の株価は割高である。

低ければ低いほど、その会社の株価は割安であるという見方が出来ます。

日本の上場企業では、大体PERは15前後を平均としています。=平均して15年で株価分を稼ぐことが出来る

よって、PERの値がこの15より低ければ割安株。15より高ければ割高株と認識されることが多いです。

PERが低い=割安株=買いの株・・・?

ここまで説明していくと、PERが極端に低い株を狙えば(例えば6.5と仮定)

学長ちょげちょげ
学長ちょげちょげ
「よし!良い株見つけた!この会社は僅か6年半で今の株価を稼ぐ力があるなんてとても割安な株だ!今買っておけば莫大な利益を産み出せるぞ!わーい!」

と思ってしまいがちなのですが、そういうわけにもいかないのが株式投資の世界です。

「PERが低い」のにも色々な場合があります。

既に成熟している企業で、今後の成長が見込めなく、株価が下がっているが会社の純利益はまだまだたくさんあるような場合、必然的にPERの値が小さくなってしまうので、PERの値だけで購入株を決めてしまうのは極めて危険な判断となります。

必ず決算書や過去のチャートなどにも目を通し、「今後の成長が期待出来るのか」を気にするようにしましょう!

逆に、成長中の産業であれば、株価は世の中の期待を反映して順調に上がっているのにも関わらず、まだまだ成長途上のため、純利益が少ないなんていうこともよくあります。=PERが高い状態

そのため「PERが高い」からといって「割高株だからいらないや」と無視していると、利益を得るチャンスを自ら失ってしまうことになりかねません。

まとめ

今回の記事では、株式投資の基本中の基本についてお話させていただきました。

今後も「投資大学のブログ」では、投資熟練者だけではなく、投資初心者の方にも為になるような情報を発信できればと思っております。

もし扱ってほしいテーマなどがある場合はこちらのコンタクトフォームまでお寄せください。

投資大学学長 ちょげちょげ

【コロナショック】今こそ投資初心者は経験値を上げるチャンス?!今後の株価はどうなるの?

投資大学理事長のピロシキです。

以前の記事でもお話しさせていただきましたが

今週も引き続き新型コロナウイルスの影響もあり、今日も日経平均・NYダウ大暴落。

株価が世界的にどんどん下がってきていますね・・・

そんなここ最近、よく投資仲間から聞かれるのが

「株価は今後どうなるの?」という質問。

正直・・・

「誰にもわかりません。」

急に新型コロナウイルスへの特効薬的なものが見つかって不安が解消されて株安が止まったり、はたまたコロナウイルスへの対策が見つからなかったりして、まだまだ株価は下がり続けたりなど、今パッとコロナウイルス関連で思いつくだけでも色々なシナリオが考えられますよね?

昨日発表された公立小中高への臨時休校要請の影響も今後は考えられるでしょう。

そもそもこの臨時休校要請も急なもので予想は出来なかった方が多かったと思います。

このように、経済の世界ではいつ何が起こるかは様々な要素が絡み合っているので常に状況は変わり続けるので、色々な予想はすることは出来てもまさに今後のことは「誰にもわからない」のです。

しかし、「誰にもわからない」とはいえ、この株価が下がり続けているときは誰しもが不安な気持ちになってしまうものです。

そこで、今回はこのような時に投資家の方々(特に投資初心者やそれに近い方)はどのようなスタンスでいればいいのかをお話ししていきましょう。

今後、明らかに回復が見込めない株は売ってしまっていいと思います。

まあコロナウイルスに関係なく、いつでも当たり前といえば当たり前なのですが。。

この状況下では判断能力も鈍ってしまう方も多いかと思います。

「もう少し待てばまた上がるんじゃないか・・・」

「今売ったら損する気がする・・・」

など、なかなか行動を起せなくなってしまいがちです。

このような時にしっかり損切り出来る方が強いと思います。

現在保有している急落している株をもう一度精査して、この新型コロナウイルスが巻き起こしていくであろう未来の状況を予想し、照らし合わせた上で

「この会社は衰退していくに他ないな」と思える銘柄は思い切って売却してしまうのも一つの手です。

既に先週あたりから倒産している企業もチラホラ出始めました。

中国からの観光客が減り続けている影響をモロに受けてしまう会社で基礎体力のない所は厳しい状況が続く事が予想されますね・・・

日本国内においては、このまま経済が停滞し続け、最悪の事態と言われている東京オリンピックの中止や延期になってしまえばその影響は計り知れませんよね。

私ピロシキもたくさんの銘柄を保有しておりますが、国内株はいくつかこの機会に整理をさせていただきました。

(私自身米国株はこの状況下でもまだまだ強いと感じているので絶賛ホールド中です)

「株安の今こそ買い時!」に惑わされない事。

特に投資初心者の方は、このような時によく言われる「株安の今こそ買い時!」という言葉に惑わされてしまい、多額の損失を出してしまう方がいます。

実際に過去、私ピロシキも同じような経験が・・・

「株安の今こそ買い時!」は、株式投資熟練者であれば確かにそうだと考えます。

これまでの株式投資への様々な経験から、自分の購入予定の銘柄に対する予測精度も上がっている事が考えられるからです。

このような株価暴落時に底値で株を購入することが出来れば、中長期的視点で莫大な利益を得ることが出来る可能性があるのですが、その底値は株式投資熟練者でも読むことが困難です。

投資初心者が

「わーい。これは今が底値だな。大量購入だ!」

と購入した数時間後さらに大暴落なんていうことはよくある話です。

まさに昔から言われている相場格言

「落ちてくるナイフは拾うな!」です。

しかし、このような言わば特殊な相場状況をもとに、投資初心者の方には今こそ

「この株の底値はそろそろかな・・・」

などと、株について考える癖をつけておいたり、実際に購入したようにシュミレーションしておくことをオススメします。

後に「コロナショック」と言われる可能性があるであろうこの大暴落時に、株についてよく考えることで確実にあなたの株式投資への経験値が上がります。

(もちろん実際に余裕資金があり売買できる方はそれもオススメです。これまで数々の失敗投資を繰り返してきたからこそ感じるのですが、実際に損失を出すことで経験値は大幅に上がると考えます。)

理事長ピロシキ
理事長ピロシキ
絶対に損失は避けたいですけどね・・・(汗)もうあんな思いをしたくないと必死に勉強するようになるのです!

以上、何かのヒントになったでしょうか?

今後も投資大学のブログでは、投資や資産運用に関する様々な情報を発信していきますのでよろしくお願いいたします。

投資大学理事長 ピロシキ

【銀座ささもと】名店のもつ焼きを食べていたら「エクシア合同会社」総出資金合計額140億円突破のお知らせを受けました。

投資大学学長のちょげちょげです。

先日、株安のことなど忘れてしまおうと仕事終わりに銀座にあるもつ焼きの名店「ささもと」へ。

まずはキンミヤ焼酎のすぐり割りとともに、もつ焼きや牛刺身をいただきました。

さらにトマト巻きにミョウガ巻き・名物のキャベツ串までいただいていると・・・

私ちょげちょげの投資先の一つ「エクシア合同会社」の担当さんから総出資金合計額が140億円を突破したとの連絡がありました。

※エクシア合同会社についてより詳しく知りたい方はこちらの記事へ

130億円を突破したとのお知らせがついこの前の2月始めだったので凄まじいペースで出資者が増えていることになりますね。

相変わらず運用結果も順調で、こうして投資者が増えていることも併せてひとまず安心できます。

こうして株のことは忘れて酔っぱらうことが出来るのは、安定した投資先を持っていることも精神的に大きいのかなと思ってしまった昨日の出来事でした。

ちなみによく質問をいただくのですが、エクシア合同会社への投資は、直接エクシアと雇用契約を結んでいる社員しか契約を締結出来ないそうです。私募になります。

今回の記事をご覧頂いてエクシア合同会社が気になった方や、記事に関して、質問などが御座いましたら私ちょげちょげの担当さんからもご連絡が可能とのことですので、下記のお問い合わせよりご連絡下さい。

お問い合わせ

投資大学学長 ちょげちょげ

【世界同時株安へ…?】新型コロナウイルスの影響をどう読み解く?「悪い円安」の始まりか?

投資大学理事長のピロシキです。

まだまだ収束の気配を見せそうにない新型コロナウイルス

株価急落!

2/25付けの東京市場は大幅な下落となってしまいました。

日経平均、781円安 中国外での感染拡大警戒|日本経済新聞

24日のNY株急落に引き続きで、欧州を含めた世界的な景気後退の兆候が起きてしまう予感です。

イタリアでも新型肺炎の感染者が激増してしまいましたからね・・・

私ピロシキの保有国内銘柄も軒並み暴落です。

汗汗汗

円安・株安の兆候

現在、同時進行で円安が進んでいますね。

通常であれば、円安時は株高が進むと言われていました。

これは我が日本国には輸出産業で儲けている企業が多い為、円安時に業績がアップする事が予想される為です。

しかし、今回はまだ始まったばかりで今後どうなるかは不透明ではありますが「円安・株安」の状態に入り始めています。

これは悪い円安のパターンで、可能性で言えばリーマンショックのような大幅な景気後退になる恐れがあるかもしれません。

今回の新型コロナウイルスへの日本国の対応が、世界各国から見ると安全資産であった円への不安を感じてしまっているのでしょうか・・・

そもそも19年10-12月期のGDP(国内総生産)も前期比年率でマイナス6.3%と大幅に低下していた我が日本。

今後の日本国内もプロ野球の開幕や3〜4月の歓送迎会・お花見などイベントが本来であれば目白押しのシーズンを前に、自粛ムードが漂い景気後退の要素はたくさんですね。

巨人が東京ドームのオープン戦2試合で無観客実施へ|日刊スポーツ

今後の投資は?

経済や投資の世界において、正解はないのでなんとも言えませんが、このような時期に信用取引などにかけてみるのはちょっとハイリスクに・・・(逆に一発逆転じゃ!という猛者もいますがね。私はそのような方も好きですよ笑)

国内株メインの投資をされている方は、これからどこまで下がるか正直わかりません。。例えば少しづつ損切りして米国株に資産を移してみるなどローリスクな投資を心がけておくのも一つの手かと思います。

私ピロシキの投資先の一つであるエクシア合同会社は、以下の記事でも解説をしているのですが、ドル建てでの運用になっています。

【エクシア(EXIA)合同会社】色々投資してみて一番の配当はココでした。

例えば、1ドル100円の時に出資をし(エクシアへの出資は1口100万円〜)現在のような円安状態(1ドル110円)になった場合と仮定。

1ドル100円で100万円分のドルを購入=110万円で運用している状態に!

わーい!

つまり、どこに原資を回すかにより、リスクヘッジ(円だけに信用を置く運用)を回避する事が出来るわけです。

このような為替差益・差損も念頭に置いて投資することも重要です。

経済は世界で繋がっています。

“円でいくら稼げるのか”だけにフォーカスするだけではなく、究極のリスクヘッジは日本国が破綻しても生きていける財を築くことなのです。

何か皆様の投資のヒントになっていただければ・・・

なにはともあれ一早い新型コロナウイルスの収束を願っております。

マスクはしっかりしましょうね!

投資大学理事長 ピロシキ