【エクシア合同会社】増資2億円の報告を知人投資家から受けました。億以上の資産運用についても考察。

投資大学理事長のピロシキです。

※自己紹介はこちらから→→→はじめまして。投資大学理事長の「ピロシキ」です。

先日、私の投資先の一つでもあるエクシア合同会社への投資について実際に出資を行ったというご報告が来ました。

今回の方は、以前記事にもさせていただいた、2016年12月より運用を行っている数々の投資を行っている知人の投資家の方です。

エクシア合同会社へ増資2億円を法人名義で

今回は、別口で投資の傍らご自身で経営されている法人名義での2億円の出資を行ったとのことです。

理事長ピロシキ
理事長ピロシキ
振込料が2億円でも手数料が400円ってなんだか面白いですよね。

エクシア合同会社への投資は、末日までの入金確認で翌月からの運用開始となるので、今回は6月29日の振り込みでしたので、翌月7月からの運用に間に合うようです。

※エクシア合同会社の投資の仕組みについてはこちらの記事で詳しく解説しています→→→【エクシア合同会社(EXIA)】色々投資してみて一番の配当はココでした。

仮に7月の返戻率が、本記事執筆時点で既に発表されている2020年5月までの結果を踏まえた現時点での平均返戻率3.14%だとして、今回の出資金額である2億円と照らし合わせると・・・

※これまでの運用実績全てはこちらの記事をご覧ください→→→【エクシア合同会社の実績まとめ】返戻率を2016年分から2020年現在分まで随時更新。)

2億円×1.0314=2億628万円

1カ月で628万円の運用利益となる計算ですね。

私ちょげちょげが200万円出資して17カ月で得た利益約100万円の6倍以上もの利益を僅か1カ月で・・・すごいです。。
学長ちょげちょげ
学長ちょげちょげ

※税金等は考慮していません。税金面について、及び投資大学学長ちょげちょげの実際の運用についてもこちらの解説記事をご覧ください→→→【エクシア合同会社(EXIA)】色々投資してみて一番の配当はココでした。

やはり運用額が大きいだけあります。これだけの額が1カ月で増えると考えると嬉しいか嬉しくないかで言えば勿論嬉しいですよね。

理事長ピロシキ
理事長ピロシキ
今月からの運用に間に合ったのでとても楽しみにしていました。

法人での出資で節税効果も

エクシア合同会社への出資は、個人名義だけではなく勿論法人名義でも可能となります。

私ピロシキが知っている限りでも何人もの方が法人名義での出資をしていますが、最初は個人名義での出資で数カ月~数年投資を行い実際に利益を得ることも出来、信頼したうえで法人名義でも出資という流れが多いです。

理事長ピロシキ
理事長ピロシキ
さらに言えば税金面でも法人での出資の方が節税効果も大きいので、大口で法人名義での出資を行う方もいますね。

私ピロシキも、これまでのエクシア合同会社での資産運用によりたくさんの利益を得ていて、現時点で全幅の信頼を寄せていますが、今回の知人投資家の方にとっても、これまでのように個人の資産ではなく、法人の”お金”を任せるという判断を可能にさせるぐらいにエクシア合同会社が信頼を得ているということにもなりますね。

ちなみに今回の知人投資家の方は、今までの個人の方では出金の経験が無いのですが、今回の法人での出資は毎回利益分を引き出す単利運用で行っていくとの事です。(エクシア合同会社への投資は引き出しの申請をしない限り自動的に複利での運用になります)

億以上の資産の運用について

2億円もあったら投資なんてしなくても遊んで暮らせるじゃないかという声も聞こえてきそうですが、そういうわけにもいかないものです。

一説によれば

大卒22歳で就職、30歳で結婚、69歳まで勤続、100歳まで長生きした場合の夫婦二人世帯の消費支出と非消費支出の合計額:約3億5,000万円

※出典:生涯収入と生涯支出どっちが多い?|みずほ銀行

この様に約3億5000万円が一生涯で必要とも言えますから、それまでのライフスタイル・今後の人生計画や資産状況にももちろんよりますが2億円で充分とも言えないものだと考えます。

だとしても、2億円を投資に回す事が出来る人がその他大勢の方より資産を運用していく上ではとても有利なのは間違いのないことです。

理事長ピロシキ
理事長ピロシキ
運用額が大きければ大きいほどリターンも大きいですからね。

今回ご報告をいただいた知人投資家の方も、ある程度資産を築いたところで様々な営業の誘い(銀行・証券会社etc,,,)に合い、言われるがままに実際に出資まで行ったそうですが、エクシア合同会社への投資程のリターンは全く得られることが出来なかったそうです。

銀行や証券会社側からみても、億単位の資産を持っている顧客は手数料だけでもとてつもない金額になるので、いい話も正直悪い話もたくさん来てしまう機会が多いのです・・・

理事長ピロシキ
理事長ピロシキ
資産は築いたら築いたで大変なことも多いのです。

今回紹介した知人投資家の方が、2億円さらに出資することを決めたのも、私ピロシキと同様に、かなり初期からエクシア合同会社での資産運用をスタートさせ、現在まで実際にプラス運用が出続けている事をその肌で実感していることも大きいかもしれませんね。

投資というものは、先述のように言われるがままに投資するのではなく、如何にして対象商品を精査出来るかどうかと決断力に限ります。

私ピロシキも常々意識していることですが、投資商品を徹底的に精査することはとても大切です。

今回のケースは過去からの【調査→さらに精査→決断→投資→実績→決断】という流れになりますね。

理事長ピロシキ
理事長ピロシキ
何はともあれ8月20日前後に発表される7月分の運用結果が楽しみですね。

今回の記事についてもしご質問等御座いましたら下記のお問い合わせフォームよりご連絡をいただければと思います。

投資大学理事長 ピロシキ

お問い合わせ