【エクシア合同会社(EXIA)】色々投資して一番の配当はココでした。投資方法もあわせて解説。

投資大学学長のちょげちょげです。

日々、色々な投資案件や資産運用に手を出していますが一番の配当利益が出ているのが今回紹介する「エクシア合同会社(EXIA)」への投資です。

投資好きな方はもしかしたらよく聞いたことがある名前かもしれません。私自身も、実際にエクシアへの投資をしていた投資大学理事長のピロシキに話を聞くまでは半信半疑でしたが…

(エクシア合同会社と検索すると詐欺・被害・ポンジスキーム・怪しいなどのネガティブワードが出てくるため)

※以前はエクシアジャパン合同会社という名称だったので、「エクシアジャパン」で検索をかけても色々な記事が出てきますね。

しかし、実際に始めてみると詐欺どころかかなりの配当利益を得ることが出来ています。

そこで、今回の記事では「エクシア合同会社(EXIA)」について、実際にこちらに投資している私が知っている限りの情報を使って解説をしていきます。

エクシア合同会社(EXIA)とは?

皆様こちらの看板見た事ありませんか?

エクシア(EXIA)合同会社看板

エクシア(EXIA)合同会社看板

先日、投資大学理事長のピロシキに新宿にお誘いを受けたときに撮影してきました。

この他にも、新橋や表参道にも看板を出しているようです。

https://exiallc.jp/

エクシア合同会社は、第二種金融商品取引業の免許を持った会社「エクシア・アセット・マネジメント株式会社」を子会社化することで、金融庁の管轄にもなっている、公式ホームページも用意されている投資会社になります。詳しい会社概要が出ているので興味のある方は見に行ってみてください。

学長ちょげちょげ
学長ちょげちょげ
金融庁の管轄下になっているのは投資者としては安心材料の一つですね。

最高経営責任者(CEO)は菊地 翔さんという方のようです。

それでは、エクシア合同会社への投資はどのような流れで行われているのかを解説していきます。

エクシア合同会社への投資=社員権を1口100万円〜で購入する

エクシア合同会社への投資は、まず社員権を購入することになります。(最低投資額が1口の100万円~)

エクシア(EXIA)合同会社の社員権についてのイメージ

社員権を購入するというのは、株式会社で例えると株券を購入することに似ています。

また、社員権の100万円が毎月の投資結果によって上下します。(評価額)

この評価額も株式会社で例えるところの株価に近いものがあります。

エクシア合同会社の投資の仕組み

エクシア合同会社が実際に投資を行っているわけではなく、シンガポールの親会社であるエクシアプライベートリミテッドが、エクシア合同会社から貸付された資金で投資を行っています。

その利息としてエクシア合同会社に戻されたお金が出資者に戻ってくるイメージですね。

エクシア(EXIA)合同会社の投資の仕組み

出資者との関係をわかりやすく図にまとめてみました。

エクシア合同会社の課税方法は?

1000万円(社員権10口)出資して、仮に毎月4%の返戻率が続いたとして、毎月出金を申請する単利計算の場合の課税方法を想定してまとめてみました。(出金申請さえしなければ自動的に複利運用になります)

エクシア(EXIA)合同会社の配当に対する税金についてのイメージ

このように半年続けた場合は240万円の配当が溜まっていることになりますね。

この240万円に対して配当所得税として20.42%の税金がかかります。この場合¥498,080となります。

この税金分が引かれた¥1,909,920が出資者の利益となり、この金額に対して総合課税があるので自ら確定申告が必要になります。

エクシアの出資から運用、着金までのスケジュール

出資から資金が運用され、実際に着金されるまでのイメージを図にまとめてみました。

エクシア(EXIA)合同会社での出資から着金までについてのイメージ

例えば、1月中に出資をした場合、運用開始は翌月の2月からになります。

運用の結果はその翌月の20日頃に事務局に電話をすると教えてくれるシステムになっています。(この場合は3月20日頃)

※追記:2020年2月より、電話をしなくても出資時に登録したメールアドレス宛にその時点での評価額が送信されるようになりました。

実際に届いたメール

払戻を希望する場合は電話でその旨を伝え、その翌月の末日に登録している銀行口座に振り込まれるイメージになります。(この場合は4月末日。但し末日が土日祝日の場合はその翌日の振り込みになります。)

 

実際にエクシアへの投資で得た配当利益

私は出資を開始したのが2018年の12月になります。200万円の出資をしました。(社員権2口)

よって運用開始は2019年1月から。

私は2019年7月に、6月までの評価額を電話で確認したうえで、初めて引き出し申請を行いました。(海外旅行のお小遣いに充てるため)

2019年1月 +2.39%  ¥2,047,800

2019年2月 +4,51% ¥2,140,155

2019年3月 +3.20% ¥2,208,640

2019年4月 +2.35% ¥2,260,543

2019年5月 +2.93% ¥2,326,777

2019年6月 +2.88% ¥2,393,788

ちなみにこの時の評価額は出資時の200万円が約239万円程になっていました。※毎月返戻率のみメモしていたので、ばっくりとした計算なのでご了承下さい。実際の金額とは少し誤差があると思います。

1月の返戻開始から6月までの分なので半年で200万円が239万円になりました。

※2019年7月以降の返戻率については以下の記事にて紹介しています

※2020年6月現在では出資時の¥2,000,000が¥3,020,767になりました。(後述する約25万円を出金した上での額)

※2020年7月に試験的に溜まった運用利益約100万円の出金申請を行ってみました。詳しくはこちら→→→【エクシア合同会社へ出金申請】200万円から始めて1年半で溜まった利益約100万円を引き出してみます。

これまで全ての月ごとの実績は下記の記事にて随時更新しながら紹介しています。

また、実際にエクシア合同会社への投資を行っている実例を、当ブログの他の記事でも紹介しています。

実際に出金してみました

上記の239万円から自分でざっくり税金分を計算して配当分から14万円程を引いた25万6810円を2019年7月に電話で出金申請。(税金分の差し引きにより、出資時の200万円を下回らないようにするため+今後の税金の差し引きに余裕を持つため)

よって、契約通り出勤申請月(7月)の翌月である、8月の末日(2019年8月末日は土曜日だったため、9月2日月曜日)に実際に振り込みが。マネーフォワードアプリでの入出金明細を載せておきます。

マネーフォワードアプリでの入出金明細

※当時はまだエクシアジャパン合同会社という名称だったため、支払い者名がエクシアジャパンになっています。

というわけでちゃんと着金されました。なんの心配もいらなかったです。ピロシキ理事長に感謝です。

無事に2019年9月の海外旅行のお小遣いに充てることが出来ました。

その後は現在まで放置状態にしてあります。

すなわち更に半年分増えていることになるでしょう。(私が出資してから現在までマイナス運用の月がありません)

最新の運用結果はこちらの記事で随時更新中→→→【エクシア合同会社の実績まとめ】返戻率を2016年分から2020年現在分まで随時更新。

こうしてある程度、お金にシビアでなくいられるのも、この他にもいろいろな投資や資産運用を教えていただいた、理事長ピロシキのおかげかもしれません。。

投資大学理事長のピロシキ

※追記:さらに2020年7月に2回目の出金申請を行いました。一連の流れを記事にしています。

【エクシア合同会社へ出金申請】200万円から始めて1年半で溜まった利益約100万円を引き出してみます。

エクシアへ合同会社への投資を解約したい場合は?

解約したい場合は事務局に電話で申請することになるようです。

解約のイメージを図にまとめてみました。

解約の意思を電話で伝える(該当月の末日まで資金の運用は継続)

※メールシステムが出来たことによりメールで可能になりました。

↓↓↓

後日届く退社申出書に捺印し、その該当月中に返送された場合

↓↓↓

翌々月末日に着金

 

※解約の流れがわかりやすく説明出来ればと、2020年8月に学長である私ちょげちょげが、自ら投資した社員権2口分のうち、1口分を試験的に解約してみました。あわせてご覧ください。

 

エクシア合同会社への投資方法は?

投資にはもちろんリスクがつきものです。今回紹介したエクシア合同会社もこの先どうなるのかはもちろん誰にもわかりません。

現時点での事実として、私ちょげちょげは利益が出ています。

ちなみによく質問をいただくのですが、エクシア合同会社への投資は、電話番号やメールアドレス・申し込みフォーム等のエクシア合同会社への連絡先が特に設けられていなく、直接エクシアと雇用契約を結んでいる社員しか契約を締結出来ないそうです。私募になります。

今回の記事をご覧頂いてエクシア合同会社が気になった方や、記事に関して、質問などが御座いましたら私ちょげちょげの担当さんをご紹介出来ますので、下記のお問い合わせよりご連絡下さい。

※あくまで当ブログはエクシア合同会社への出資を募るものでは御座いません。

投資大学学長 ちょげちょげ

お問い合わせ

 

※お問い合わせへの返信の際にgmailを使用させていただく場合が御座いますので、受信設定等の確認をよろしくお願いいたします。

 

「【エクシア合同会社(EXIA)】色々投資して一番の配当はココでした。投資方法もあわせて解説。」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。