【金持ち父さん貧乏父さん】投資初心者は読んでおいた方がいいの?!投資家が要約とともに徹底解説!

投資大学学長のちょげちょげです。

※自己紹介はこちらから→→→はじめまして。投資大学学長の「ちょげちょげ」です。

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言の影響で、いわゆる「おうち時間」が増え、読書の時間が増えた方も多いのでは・・・?

そこで今回は、投資初心者ならば賛否両論あるものの一度は目を通しておきたいあまりにも有名な本

「金持ち父さん貧乏父さん」について、投資初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

この本の主人公でもある、ロバート・キヨサキさんという方の書いた本で、金持ち父さん(主人公の幼馴染の父親)と貧乏父さん(主人公の実の父親)が登場します。

この二人は、お金というものに対して相反する考えを持っていて、そんな二人から主人公が学んだことが主に書かれた構成になっています。

お金の為に働かないのが金持ち!

主人公に金持ち父さんが繰り返し教えてくれたという

「中流以下の人間はお金の為に働く。金持ちは自分の為にお金を働かせる。」

この言葉を頭に入れて読み進めていきましょう。

学校はお金の為に働く方法を学ぶところであり、自分の為にお金を働かせる方法を学ぶことはできないとのこと。

「朝起きて、仕事に行き、請求書に書かれた額を支払う」←この繰り返しから抜け出すことが出来ないのがラットレースであると説明しています。

学長ちょげちょげ
学長ちょげちょげ
頭を使ってお金を生み出し、このラットレースから抜け出そう!とまとめられています。

お金の流れの読み方を知る!

金持ち父さんは主人公にこう言います。

「金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人たちは負債を手に入れ、それを資産と思い込む」

「資産は自分のポケットにお金を入れてくれるもの。負債は自分のポケットからお金を取っていくもの。」

このことを軸にしながら、損益計算書と賃借対照表の簡略図を使い、お金持ちと貧乏人のお金の流れを説明しながら話が進んでいきます。

学長ちょげちょげ
学長ちょげちょげ
特に、持ち家は負債であるという項は、これからマイホームの購入や不動産投資を考えている方にはいろいろと考えさせられるお話だと思います。是非ともお読みいただきたい部分です。

資産と負債の本当の違いを理解できる考えが身につくでしょう!

「金持ちは資産を買う。貧乏人の家計は支出ばかり。中流の人間は資産と思って負債を買う。」と締めくくられています。

自分の仕事ではなくビジネスを持て!

金持ち父さんは、経済的な安定を保つために「自分のビジネス」を持つことが重要だと唱えています。

そしてその自分のビジネスを持つ=本当の資産を持つ=自分がその場にいることなく収入を生み出してくれるビジネスと綴っています。

自分がその場にいて働かなくては収入を生み出すことが出来ないようでは、それはビジネスとは言えないそうです。

学長ちょげちょげ
学長ちょげちょげ
まだまだしっかり働いている私ちょげちょげはビジネスを持つには程遠いです・・・資産を築くために運用運用です!

自分の会社をつくり節税を!

金持ち父さんは、この本で、資産を守る大切な能力のことをファイナンシャルインテリジェンスと呼んでいます。

そのファイナンシャルインテリジェンスを4つに分けて説明すると・・・

会計力→財務諸表を読んで理解できる能力
投資力→戦略を立てる力
市場の理解力→市場でチャンスをつかむ力
法律力→会計や会社に関する法律を活用する力

会社を持ち、活用している人と、会社に所属して会社のために働く人ではお金の流れは全く別のものとなります。

会社に雇われている人は、稼いだ収入から税金を引かれ、そこから残ったお金で生活をやりくりすることになります。

その一方で、起業するなどで会社を持つ人は、得た収入から経費を差し引き、残ったお金に税金が課せられます。

経費の引き方次第で残るお金が増えることに・・・(もちろん合法的に)

これがファイナンシャルインテリジェンスをもち、活用している人が利用する合法的な税金の抜け道の一つということです。

学長ちょげちょげ
学長ちょげちょげ
我が国日本に居住している以上、累進課税制によりお金を稼げば稼ぐほどに税金をたくさん納めなければなりませんから、自分の資産を守るために合法的な節税を学んでおくのはとても大切な事です。

金持ちはお金を作り出せ!

金持ち父さんは「そもそも、お金なんていうものは存在しない。みんなが“これがお金だ”と同意して決めているだけだ」といっています。

また、「お金は存在しないものだと理解するほうがより早くお金を作ることができる」とも書いています。

”お金”を作り出すためには、上述のファイナンシャルインテリジェンスを磨いていくことが大切でそれこそがあなたに多くの資産をもたらしてくれることになるとまとめています。

お金の為ではなく学ぶために働け!

ロバート・キヨサキは、若者にアドバイスをするときに、「『いくら稼げるか』ではなく『何を学べるか』で仕事を探しなさい」という。と書いています。

仕事をしつつ目的を持ち学ぶ人と、ただただお金のために働く人では、その二人が全く同じ仕事をしていたとしてもお互いが得られるものには大きく差がつきます。

※ちなみに・・・この項でセールスについて述べられていることからマルチ商法の世界でお勧めの本として紹介されることが多く、そのことから批判の対象になることも多いこの本。穿った見方をする事なく、自らの知識をアウトプットする事で学びがあるという意識で読んでみると良いのかなと思いました。

学長ちょげちょげ
学長ちょげちょげ
投資初心者にとっては読まずに敬遠するにはもったいないことがたくさん書かれている本だと思いますよ!

まとめ

こうすれば稼げるぞ!という本というよりは啓発的な意味合いの強い本かと思いますが、投資初心者がモチベーションを高めるには持ってこいだと思います。

また、今現在しっかりと組織に属して働いている方にとっては思うことも多いはずです。

皆様も投資や資産運用に関するお勧めな本がありましたら是非教えてください!また、あわせて今回の記事に関して、質問などもしございましたらお問い合わせよりご連絡ください。

投資大学学長 ちょげちょげ