「ファイナンシャルリテラシー」タグアーカイブ

【単利と複利の違いって?】今さら聞けない2種類の金利を解説!数年経ったらこんなに違う…?!

投資大学学長のちょげちょげです。

今回の記事では今さら聞けない2種類の金利。「単利」と「複利」の違いについて解説していきます。

今回は毎月の金利3%の投資先で200万円を運用する場合と仮定して説明していきますね。

「単利」とは?

単利式の金利とは、運用をしている元本のみに対して利子がついていきます。

例えば2018年1月から、ある投資先で200万円を単利で運用し始めたとしましょう。

2018年1月 ¥2,060,000

2018年2月 ¥2,120,000

2018年3月 ¥2,180,000

2018年4月 ¥2,240,000・・・2019年12月 ¥3,440,000

というように元本200万円に対しての金利3%である6万円が毎月増えていくイメージです。このまま仮に先月である2019年12月まで2年間(24か月)の運用を続けていたとしたら、6×24=144万円の利子がついている計算になります。

最初に預けていた200万円が344万円になりましたね!

「複利」とは?

複利式の金利とは、運用している元本に、毎回増えた利子の分を元本にプラスした分に対して、利子が付きます。

よって運用元本の額は毎回毎回大きくなります。

さらに、大きくなった元本を運用するので利子の額も比例して、毎回大きくなるため、同利率での長期での運用の場合は「単利」での利子と大きく差がつくことになります。

それではシュミレーションしてみましょう。

2018年1月    ¥2,060,000
2018年2月    ¥2,121,800
2018年3月    ¥2,185,454
2018年4月    ¥2,251,017

2018年5月    ¥2,318,548
2018年6月    ¥2,388,104
2018年7月    ¥2,459,747
2018年8月    ¥2,533,540

2018年9月    ¥2,609,546
2018年10月 ¥2,687,832
2018年11月 ¥2,768,467
2018年12月 ¥2,851,521

2019年1月    ¥2,937,067
2019年2月    ¥3,025,179
2019年3月    ¥3,115,934
2019年4月    ¥3,209,412

2019年5月    ¥3,305,695
2019年6月    ¥3,404,866
2019年7月    ¥3,507,012 (単利式の利子を上回る)
2019年8月    ¥3,612,222

2019年9月    ¥3,720,589
2019年10月 ¥3,832,206
2019年11月 ¥3,947,173
2019年12月 ¥4,065,588 (元本回収が可能に!)

いかがでしょうか?単利式より5か月早い2019年7月の時点で複利式の方が利子が上回る計算になります。

2年間(24か月)の運用を終えると元本200万円の倍以上になる計算に!ここで元本(200万円)の回収も可能になります。

最終的な数字を比較すると・・・

複利式¥4,065,588ー単利式¥3,440,000

¥625,588

と、2年間の運用で60万円以上の差がつく結果となりました。

このように毎月の金利が安定している投資先では「複利式」の運用法の方が資産の増え方が早いことがわかりました。

そして長く運用を続ければ続けるほどにその差は大きくなっていきます。

複利にもデメリットがある

と、ここまで「複利式」を散々持ち上げてきましたが、もちろんデメリットもあります。

それは運用結果によってマイナス利子になる場合です。

運用初期であれば大差はありませんが、運用後期にもしマイナス回が出た場合は「単利式」の場合より「複利式」の方が資産が大きく減少してしまいます。

あなたが資産運用する予定の金融商品の毎回の運用結果が安定しているのか、もしくは不安定なのか。

投資の際はこれをしっかりと調べる必要がありますね!

投資に絶対はありません。

皆様には、自らの目的や計画に合った資産運用をしていただければと切に願っております。

こちらの投資大学のブログではこれからも、私学長ちょげちょげと、理事長ピロシキの様々な投資や資産運用の経験をもとにして、読者の皆様にオススメな情報をお伝えしていければと思っています。

投資大学学長 ちょげちょげ

【分散投資】「卵は一つのカゴに盛るな」は億万長者だけ!初めこそ「集中投資」をオススメする理由って?!

投資大学理事長のピロシキです。

今回のお話は、投資の世界ではあまりにも有名な「卵は一つのカゴに盛るな」についてです。

「卵は一つのカゴに盛るな」は億万長者になってから!

投資や資産運用を始めたての方などは、もしかしたら証券会社の担当さんや、銀行マンなどから聞いたことがあるかもしれないこちらの投資の格言。「卵は一つのカゴに盛るな」

意味としては

株式相場の世界では、先人が、その経験を基にして、さまざまな格言を残している。卵は一つのカゴに盛るなも、そのうちの一つである。

卵を一つのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合には、全部の卵が割れてしまうかもしれないが、複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落としカゴの卵が割れて駄目になったとしても、他のカゴの卵は影響を受けずにすむということ。

特定の商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に投資を行い、リスクを分散させた方がよいという教え(=銘柄分散投資)。

※出典:野村證券公式サイト

こちらの投資方法。確かにリスクは少なくなりますがリターンが少ないのも事実であります。

ましてや、投資し始めの時期は、まだ増えていない資産を更にリスクの少ない案件に分散させてしまうことでなかなか資産が増えないジレンマに陥ってしまいます。

あ、私ピロシキはこの「卵は一つのカゴに盛るな」を真っ向から否定するわけではありませんのであしからず。

投資し始めの時期こそ集中投資で後の分散投資への資産を築く

私ピロシキも、投資初期はリスクを恐れて分散投資をしていましたがなかなか増えない資産に苛立ちを募らせていました。

しかし、あるころからは集中投資を行ってきました。

集中投資は、案件によってはハイリスクハイリターンとなってしまうとよく言われておりますが、もしその案件について、信頼できる人間や情報からあなたがしっかりと過去の実績の精査をし、正しい情報を得たうえであれば、リスクは格段に少なくなることでしょう。

さらにここでいう「リスク」というものは、決してお金が減るというリスクのことではありません。

これからあなたが投資する案件に対して、正しい情報を得ていなかったり、調べようとしないで

「なんとなく知り合いに勧められたからやってみようかな?」

というような軽い気持ちで始めてしまうことこそが最大の「リスク」なのです。

投資初期に集中投資で少ない資産を一気に増やすことで、後の資金運用にも余裕が持てます。

分散投資は億万長者になってからでも決して遅くないのです。

大抵の投資案件での失敗は、自身の調査不足によって起こってしまいます。

私ピロシキも、これまでに数々の投資での失敗体験を繰り返してきました・・・(追々こちらのブログにてお話させていただきますね)

実際に過去に集中投資で大きくリターンを得た例

最後に、私ピロシキが過去実際に集中投資で大きくリターンを得た例を紹介します。

2016年の新規公開株(IPO)・グローバルウェイ

公開価格2960円→初値14000円(+373.0%)

いわゆる初値売りで、300株購入した株(888000円分)が約420万円に化けることになりました。

これは本当に嬉しかったですね。

また追々IPOについての記事でも紹介しようと思っていますが300株ってなかなか当ててくれないんですよ。

この時は、私ピロシキの住んでいるマンションの友人の社長A様から証券会社様の担当を紹介していただきました。

既に担当とは良好な関係を築いていた友人A様。

このような方から担当を紹介していただけると、証券会社側もあまり警戒することなく新規公開株(IPO)案件を分け与えてくれました。

新規公開株(IPO)は、運によるものも大きいので一概には言えませんが、これも日ごろから投資や資産運用の勉強をし、証券会社とも良好な関係を築いているその友人の社長A様がもたらしてくれた神様からの、集中投資を出来る機会のプレゼントと考えられますよね。

これぞ持つべきものは友ってやつでしょうか・・・?

私ピロシキは、投資の世界ではこのような人間同士の繋がりも非常に大事だと考えております。

世の中にはお金持ちしか知らない情報が満ち溢れているのですから・・・

日頃からその様な機会がある方は逃さないように意識しておきたいところですね。

※新規公開株(IPO)については下記の記事でも詳しく触れています。

【新規公開株(IPO)】当選の為に大事な第一歩「口座開設時に担当をつける」って?

創業当初のエクシアジャパン合同会社(現エクシア合同会社)への投資

2016年4月運用分 投資額100万円→+37.96%の運用により約138万円に

こちらへの集中投資も当時あまり資産に余裕のなかった私ピロシキ自身にとっては非常に大きかったのです。

現在でもわりと安定した運用を行っているエクシア合同会社ですが、創業当初はよりとてつもない利益率を誇っていました。

こちらは私ピロシキの信頼している知人より紹介されました。

その知人は2016年4月以前からも投資に精通していた人間でしたので、しっかりとお話を聞いて、自らも精査して安心して投資を行うことが出来ました。

この知人は、一緒にバーベキューなど家族ぐるみでの付き合いもしていたよく知った学生時代の先輩でした。

日々の贅沢な暮らしぶりやお仕事内容も分かっていたので信頼関係にも繋がり、集中投資が出来たと思います。

私ピロシキはその後出会うことになる投資大学学長ちょげちょげにも紹介させていただきました。

学長 ちょげちょげ

※エクシア合同会社への投資については学長ちょげちょげがこちらでも記事にしているのでより詳しく知りたい方はご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「分散投資」自体は億万長者になってからの投資や資産運用には、大幅な資産減少のリスクを免れることが出来、確かに効果を発揮すると考えています。

しかし、投資初期は大きく資産を増やすことが出来ないことも「分散投資」の特徴です。

分散投資に比較してリスクが大きいとされている「集中投資」は正しい情報と自らの調査さえしっかりとしていれば投資初期の資金が少ない状態でも莫大な利益をもたらすことを可能にしてくれます。(プラス人脈も非常に大事です)

今後とも、投資大学のブログをご覧いただいている皆様には、出来るだけ投資で失敗することが無いように、少しでも私ピロシキの経験や知識がお役に立てればと思っております。