【TOPIXとは?】日経平均は説明出来てもトピックスがよくわからない投資初心者にも2分でわかりやすく解説!

投資大学学長のちょげちょげです。

※自己紹介はこちらから→→→はじめまして。投資大学学長の「ちょげちょげ」です。

今回の記事では、今さら聞けない「TOPIX(トピックス)」について投資初心者にもわかりやすく解説していきます。

TOPIXとは?日経平均は説明出来ても・・・意外と知られていない「トピックス」

ニュースなどでも毎日のように報道される日経平均株価については、よくご存じの方も多いかと思います。

日経平均株価日本経済新聞社が東証一部に上場している企業から、独自の基準で選んだ225銘柄の平均株価のこと

学長ちょげちょげ
学長ちょげちょげ
日経平均はよく聞くからなんとなく知っててもTOPIXって上手く説明出来ない人って多いよなあ・・・というわけで解説します!

TOPIXとは、東証株価指数(Tokyo Stock Price Index)の略になります。

TOPIXの対象になるのは、東証一部に上場している全ての銘柄の合計時価総額を指数化したものになります。

1968年1月4日の時価総額を基準の100ポイントとして、今どれぐらいに日本経済が発展しているのかを知ることが可能になります。

※TOPIXがスタートしたのが1969年の為、前年の1968年の大発会の日付が基準になっています。

ちなみに本記事執筆時点(2020/3/19)でのTOPIX指数1283.22です。

2000年1月7日からのTOPIX指数のチャート

※出典:google

このチャートを見ても改めてリーマンショック後から長い間をかけて上がり続けてきたTOPIX指数が、新型コロナウイルス騒動により一気に落ち込んでいるかも見えてきますね。

TOPIXの歴代最高値は?

1989年12月18日に記録した2884.80になります。

まさしくバブル真っ盛りのころですね!

学長ちょげちょげ
学長ちょげちょげ
ひょえ~~~

TOPIXと日経平均の違いは?

日経平均に選ばれている株価は、優良な銘柄が多いため、数社の株価が大きく変動しただけでも値動きが大きくなってしまいます。

それに比較するとTOPIXは数社の株価が大きく変動したぐらいでは、指数が大きく動くという事はないので、日本国内全体の経済動向を見極めるのに適しています。

ただし、TOPIXは時価総額が計算の対象になっているので、時価総額が大きな銀行株や証券株などの影響を受けやすいといえます。

投資をする上では、決して片方だけではなく、どちらの指標も参考にしておきましょう。

投資大学のブログでは、今後も投資や資産運用にまつわる様々な情報はもちろんのこと、投資初心者の方にもわかりやすいブログを目指して運営を続けていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

投資大学学長 ちょげちょげ